こちらに共通ヘッダが追加されます。

メニュー

写真とデータで見る
同志社の歴史

教員2人、学生8人から始まった同志社140年の「歴史と今」を、豊富な写真と象徴的な数字でご紹介。新島襄の誕生から、日本の未来のため欧米に学ぶべく命をかけた脱国など、貴重な写真もご覧いただけます。

新島襄 誕生~脱国

1864(元治元)年

21歳のおりに鎖国令を犯して箱館から密出国。

幕末の1864(元治元)年、激動する日本の将来を憂い、国禁を犯して脱国し、約10年間にわたってアメリカ、ヨーロッパで学び、キリスト教の洗礼を受けて帰国。

新島襄

帰国~同志社英学校開校

1874(明治七)年

ラットランド グレイス教会で「日本にもキリスト教主義の大学をつくりたい」という大志を感涙とともに訴える。新島の熱い志に、約5千ドルの寄付金が集まった。その中には老農夫から託された2ドルの寄付金も含まれた。

アメリカン・ボード本部
京都府顧問 山元覚馬
ジェローム・ディーン・デイヴィス
外国人教師雇入許可願

1875(明治八)年

同志社大学の前身である同志社英学校が創立。

1876(明治九)年

今出川校地に移転。

山本覚馬所有の相国寺門前の土地を学校用地として譲り受け、校舎3棟、教室兼寄宿舎2棟、食堂・台所1棟が建てられた。これが今出川キャンパスの原型である。当初は生徒8人、教師は新島校長のほかにはデイヴィスだけであった。

学生数・教員数の変化

学生数

2015年4月30日現在

創立当初の学生数

8

現在の学生数(大学・大学院)

2

9,

1

6

6

教員数

2015年5月1日現在

創立当初の教員数

2

現在の教員数(嘱託講師を含む)

2,

3

2

6

学部生数(14学部) 2015年4月30日現在

  • 学部
    学生数
    • 男子
    • 女子
  • 神学部

    2

    6

    6

    • 123
    • 143
  • 文学部

    3,

    0

    3

    9

    • 1,081
    • 1,958
  • 社会学部

    1,

    9

    4

    3

    • 891
    • 1,052
  • 法学部

    3,

    7

    3

    5

    • 2,278
    • 1,457
  • 経済学部

    3,

    8

    6

    5

    • 2,743
    • 1,122
  • 商学部

    3,

    6

    9

    0

    • 2,201
    • 1,489
  • 政策学部

    1,

    7

    0

    8

    • 902
    • 806
  • グローバル地域文化学部

    5

    7

    9

    • 182
    • 397
  • 文化情報学部

    1,

    2

    8

    5

    • 687
    • 598
  • 理工学部

    3,

    3

    9

    8

    • 2,921
    • 477
  • 生命医科学部

    1,

    0

    5

    4

    • 687
    • 367
  • スポーツ健康科学部

    8

    7

    6

    • 629
    • 247
  • 心理学部

    6

    7

    9

    • 257
    • 422
  • グローバル・
    コミュニケーション学部

    6

    1

    6

    • 208
    • 408

大学院生数(16研究科)

大学院生数(16研究科) 2015年4月30日現在

  • 学部
    学生数
    • 男子
    • 女子
  • 神学研究科

    7

    5

    • 43
    • 32
  • 文学部研究科

    1

    2

    2

    • 62
    • 60
  • 社会学研究科

    1

    1

    0

    • 42
    • 68
  • 法学研究科

    1

    6

    2

    • 103
    • 59
  • 経済学研究科

    3

    8

    • 21
    • 17
  • 商学研究科

    4

    1

    • 20
    • 21
  • 総合政策科学研究科

    2

    4

    3

    • 132
    • 111
  • 文化情報学研究科

    4

    5

    • 26
    • 19
  • 理工学研究科

    8

    3

    4

    • 752
    • 82
  • 生命医科学研究科

    2

    4

    4

    • 185
    • 59
  • スポーツ健康科学研究科

    2

    1

    • 16
    • 5
  • 心理学研究科

    4

    0

    • 16
    • 24
  • グローバル・スタディーズ研究科
    (2009年度以前はアメリカ研究科)

    1

    4

    4

    • 66
    • 78
  • 脳科学研究科

    2

    2

    • 10
    • 12
  • 司法研究科
    (法科大学院)

    1

    4

    3

    • 92
    • 51
  • ビジネス研究科
    (ビジネススクール)

    1

    4

    9

    • 99
    • 50

  • ※理工学研究科は、2012年度に工学研究科より名称変更したため、工学研究科2011年度以前生は理工学研究科生として算出している
  • ※アメリカ研究科は、2010年度にグローバル・スタディーズ研究科に改組したため、アメリカ研究科2009年度以前生はグローバル・スタディーズ研究科として算出している

大学院生数(16研究科)

良心を手腕に運用する「建学の精神」と「3つの主義」

同志社大学では、「良心を手腕に運用する人物の育成」という建学の精神に基づいて「良心教育」を展開しています。その建学の精神を実現するために3つの主義・行動指標を打ち立てています。それは、「キリスト教主義」「自由主義」「国際主義」です。徳育の価値判断の基準をキリスト教に置き、一人ひとりの学生を大切にし、束縛せず、学生が自らを律しながらも自由に行動することを尊重し、大きな視野でものごとを考えることを重視する。これらは全て、140年近く前から同志社の中で日々実践され、いつしかキャンパス全体を包む校風となりました。そして学生一人ひとりの日々の学びに深く浸透し、大学での生活をより実り多きものにしているのです。

都道府県別
志願者数・合格者数

日本全国から学生が集まっています 志願者数[合格者数] 2015年3月31日現在

    • 北海道 288[68]人
    • 東北 178[49]人
    • 北陸・甲信越 1,319[456]人

    • 関東 1,412[399]人
    • 東海 5,810[2,211]人
    • 近畿 25,299[9,184]人
    • 中国 2,589[947]人

    • 四国 1,059[381]人
    • 九州・沖縄 1,951[705]人

外国留学・留学生の受入れ

世界42カ国・地域が学びの場。
「真の国際人」をめざして
(日本から海外への留学)

派遣留学先大学

2015年4月30日現在

4

2

ヵ国・地域

1

7

4

大学

2014年度中に同志社大学の
留学プログラムにより留学した学生数
(留学を卒業要件として定めている学部も含む)

1,

2

4

8

  • アジア 56大学
  • ヨーロッパ 52大学
  • 北米 49大学
  • オセアニア 6大学
  • 中東 5大学
  • 中南米 5大学
  • アフリカ 1大学

留学生の受入れ(海外から日本への留学)

年間

7

6

ヵ国、

1,

4

3

6

人の留学生が学んでいます

2014年5月1日現在

海外拠点・校友会海外支部

海外拠点

8

ヵ国、

1

0

都市
校友会海外支部

1

7

ヵ国、

2

4

都市

2015年3月31日現在

~新島の永眠

1879(明治十二)年

第1回卒業式。
「Go, go, go in peace. Be strong! Mysterious Hand guide you!」
新島襄は同志社英学校第1回卒業式で15名の卒業生にこの言葉(祝祷)で前途を祝福した。

1882(明治十五)年

同志社大学設立運動に着手。

1884(明治十七)年

2度目の外国への渡航。

新島襄之墓

1890(明治二十三)年

新島襄は急性腹膜炎症により天に召された。
敬虔な祈りをもって貫いた四十七年の生涯であった。

重要文化財・登録有形文化財

重要文化財 5施設

  • 同志社礼拝堂 写真

    同志社礼拝堂

  • クラーク記念館 写真

    クラーク記念館

  • 彰栄館 写真

    彰栄館

  • 有終館 写真

    有終館

  • ハリス理化学館 写真

    ハリス理化学館

登録有形文化財 2施設

  • アーモスト館 写真

    アーモスト館

  • 啓明館 写真

    啓明館

1890〜2003年、
学部・研究科等の開設と施設整備

1890(明治二十三)年
アメリカの実業家J.N.ハリスの10万ドルの寄付によるハリス理化学校開校
1891(明治二十四)年
政法学校開校
1894(明治二十七)年
神学館(現・クラーク記念館)開館式
1896(明治二十九)年
普通学校を同志社高等普通学校と改称し、新たに同志社尋常中学校を開設
1904(明治三十七)年
専門学校令による神学校と専門学校を開校
1912(明治四十五)年
専門学校令による同志社大学
(予科、神学部、政治経済部、英文科)の開学
1920(大正九)年
大学令による同志社大学
(文学部、法学部、大学院、予科)の開学
1922(大正十一)年
専門学校令による大学を専門学校
(神学部、英語師範部、高等商業部、政治経済部)として再編成
1944(昭和十九)年
工業専門学校
(電気通信科、機械科、化学工業科)開校
1948(昭和二十三)年
新制大学
(神学部、文学部、法学部、経済学部)開学
1949(昭和二十四)年
商学部と工学部を新設し、6学部となる
1950(昭和二十五)年
短期大学部(夜間2年制)
(英語・商経・工 各学科)を設置
大学院修士課程
(神・文・法・経済・商 各研究科)を開設
1953(昭和二十八)年
大学院博士課程を開設
1954(昭和二十九)年
短期大学部を発展的に解消
大学2部(4年制)(文・法・経済・商・工 各学部)を設置
1955(昭和三十)年
工学研究科修士課程を開設
1986(昭和六十一)年
田辺校地(現・京田辺校地)を開校
1991(平成三)年
アメリカ研究科を開設
1994(平成六)年
工学部および工学研究科、理工学研究所を田辺校地(現・京田辺校地)に統合移転
1995(平成七)年
総合政策科学研究科を開設
1999(平成十一)年
留学生別科を開設
2003(平成十五)年
大学院文学研究科産業関係学専攻修士課程を開設

近年の学部・研究科等の
開設と施設整備

2004(平成十六)年
  • 経営大学院(ビジネス研究科)を開設
  • 法科大学院(司法研究科)を開設
  • 工学部に情報システムデザイン学科、環境システム学科を開設
  • 政策学部を開設
  • 渓水館の竣工(新町キャンパス)
  • 寒梅館の竣工(室町キャンパス)
  • 光喜館の竣工(京田辺キャンパス)
2005(平成十七)年
  • 文化情報学部を開設
  • 文学部・文学研究科を再編して社会学部・社会学研究科を開設
  • 臨光館の竣工(新町キャンパス)
  • 夢告館の竣工(京田辺キャンパス)
  • 恵喜館の竣工(京田辺キャンパス)
2006(平成十八)年
  • 同志社小学校を開校
  • 学研都市キャンパスの開設(快風館の改修)
2007(平成十九)年
  • 文化情報学研究科を開設
2008(平成二十)年
  • スポーツ健康科学部を開設
  • 生命医科学部・生命医科学研究科を開設
  • 工学部から理工学部へ改組再編
  • 医心館の竣工(京田辺キャンパス)
  • 磐上館の増築(京田辺キャンパス)
2009(平成二十一)年
  • 心理学部・心理学研究科を開設
  • 継志館の取得
2010(平成二十二)年
  • スポーツ健康科学研究科を開設
  • グローバル・スタディーズ研究科を開設
  • 同志社中学校・高等学校の統合(中学校の岩倉校地移転)
  • 多々羅キャンパスの開設
2011(平成二十三)年
  • 同志社国際学院初等部を開校
  • グローバル・コミュニケーション学部を開設
  • 同志社国際学院国際部を開校
  • 国際教育インスティテュートの開設
2012(平成二十四)年
  • 脳科学研究科を開設
  • 工学研究科の理工学研究科への名称変更
  • 良心館の竣工(今出川キャンパス)
  • 烏丸キャンパスの開設(志高館の竣工)
2013(平成二十五)年
  • グローバル地域文化学部を開設
  • 今出川校地教学体制の再編
  • 真義館の竣工(今出川キャンパス)
2014(平成二十六)年
  • 磐上館の再増築(京田辺キャンパス)
  • 訪知館の竣工(京田辺キャンパス)
  • 京田辺会堂の竣工(京田辺キャンパス)
そして、同志社は未来へ。